省令準耐火構造標準化のススメ

営業の渡邊です。

火災保険や地震保険が大幅にお得になり、万が一の火災の場合には避難する時間を稼ぐことができる、省令準耐火構造の住まいを標準化する事となりました。 

省令準耐火構造とは?

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。

省令準耐火構造の住宅の特徴は、「外部からの延焼防止」、「各室防火」、「他室への延焼遅延」が挙げられます。

省令準耐火構造の特徴その①外部からの延焼防止

隣家からのもらい火による延焼火災に備え、屋根や外壁、軒裏などを防火性の高い構造にします。

省令準耐火構造では、市街地での火災を想定し、火の粉による建物火災を防止するため、屋根は不燃材料を使用するなどとしています。

また、外壁および軒裏は、外壁に防火サイディング壁を用いるなど、建築基準法の防火構造にするとしています。

省令準耐火構造の特徴その②各室防火

火災を最小限に食い止めるためには、火災が発生した部屋と、そのほかの部屋とを完全に区切る「防火区画化」が需要です。

省令準耐火構造では、各室を区画する構造とするため、火が他室に燃え広がりにくくなっています。

さらに、天井や壁など内装には火に強い石膏ボードを使用します。

このことで、火が柱などの構造材に燃え移るまでの時間が相当かかることで、初期消火や避難が可能となるのです。

省令準耐火構造の特徴その③他室への延焼遅延

室内で火災が起こると、火が、壁の内側や天井裏を伝わって燃え広がってしまいます。

火が建物全体に広がりにくくするために、火の通り道となる壁や天井の取合部などに、木材や断熱材のファイヤーストップ材を詰めます。

省令準耐火構造のメリット

火災保険・地震保険が半額近くになるメリットがあります。 40年50年加入し続ける事でトータル100万円以上の軽減効果があります。 東日本大震災以降地震保険は2倍位に値上がりし、毎年続く水害などの自然災害により火災保険は大幅に値上がりし、最長35年加入できた火災保険は5年と短期化しています。 今後長期的には更に保険料の値上げがあった場合には省令準耐火構造が大きなメリットとなります。


対象のお客様

現在お打合せ中のお客様、かつ担当より省令準耐火構造のご提示があった方となります。

現在着工中の方、一部仕様が適合しない方は非耐火構造(H構造)*一般の木造住宅となります。

詳しくは担当までお問い合わせください。


#郡山市 注文住宅 #須賀川市 注文住宅  #建築家 #建築家とつくる家 #建築好きな人と繋がりたい #建築士とつくる家 #新築 #新築一戸建て #新築住宅 #新築マイホーム #新築注文住宅 #新築計画 #鉄骨階段 #鉄骨 #吹き抜けリビング #吹き抜け #吹き抜けのある家 #吹き抜け#開放感 #自由設計 #住宅デザイン #住宅建築 #インテリア #インテリアコーディネート #インテリア雑貨 #インテリア好きな人と繋がりたい #家具 #玄関インテリア #玄関 #玄関アプローチ #タイル







須賀川市の工務店、株式会社渡辺建設です。

須賀川市の工務店、株式会社渡辺建設です。 当社は自社大工、自社土木の為、造成、基礎、外構、大工工事に至るまで自社の社員で作る事ができる数少ない工務店です。

0コメント

  • 1000 / 1000